​Manhattan Story

「マンハッタン島」に最初の居住した精霊は

15世紀中頃以降、アメリカ東部ニュー・イングランドからデラウェア地域を拠点にした、先住民アメリカンインディアン・アルゴンキン族の支族「レナペ」である。

 

レナペ族は、春夏この地を訪れ生活の場としていた。彼らは文字を持たない民族だが、独自の言語と文化を持ち、起伏の激しいこの岩盤の地を”Mannahate”(丘の多い島)と呼び、”Manhattan”の由来言語となった。

レナペはまた、他民族との交易のために道路開発をおこない、今でも島を南北に縦走する“Broadway”は精霊レナペが開墾した貴重な財産である。

検索
近日公開予定
今しばらくお待ちください...